スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中身の無い自然を変えましょう

私が子供の頃、庭の小川にはタニシやドジョウ、メダカ、田畑には鳥やトンボがわんさか居ました。部屋の中にまで蛍が入ってきて、屋敷蛇のファミリーもいました(^^;

しかし、気づいてみると、蛍はもちろん、タニシもメダカも、カエルもなにもかも、居なくなりました

豊かな自然に囲まれていたはずなのに、田畑は変わらずにあるのに、土筆は激減し、生物はいなくなりました。

そんな環境に、若干の変化が今年に入り、実家の庭に蛇が現れるたのです

蛇がいるという事は虫が増えたという事です

形は自然でも、中身は虫も生き物もいない地球にならないよう、私達は責任を持って次代に自然を渡さなければなりません

九州電力や東京電力の会見を見ながら、その気持ちを改めて強めました。
今日は文化の日。自然溢れる地球のために、出来る事を考える事も、大切な文化です

皆さんも、ちょっと立ち止まって考えてみて下さい
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。