辛い時にお勧めサクサク文化的雪かき

やらなきゃいけない事がたくさんある時、

体調や気分がすぐれないけどやらなきゃいけない時…

誰にでもそんな時はあります

そんな時、私は頭の中で「サクサクサクサク、文化的雪かき」を繰り返します

「文化的雪かき」は村上春樹さんの小説の中に出てくる言葉です。

雪国育ちの方なら分かると思いますが、雪かきはひたすらスコップなどで雪をすくい、捨てるの繰り返しです。

寒いも嫌だも言ってはいられません雪を掻かないと、下手をすると命に関わります

毎朝、出勤前に雪をかき、車を温める…雪かきは必ずやらなければ生活できないものです。晴れた日ならまだしも、降りしきる雪の中でもやらなければいけません
雪をかいたそばから、また雪は積もるそれでもやらなきゃいけない

考えてたらやってられませんやるべき目の前の雪に意識を合わせ、サクサクサクサク、サクサクサクサク…ひたすら雪かきだけに集中します。

私は、文化的雪かきを、日常生活の中で、嫌でもやらなきゃいけない時、ひたすらサクサクサクサク、片付ける事だけに意識を合わせる時に使っています

まるでロボットになった気分で、感情を手放し、サクサクサクサクに集中していると、嫌だという感情が薄まり楽になります

ちょっとした工夫ですが、是非お試しあれ

面倒でうんざりする事も、感情を手放したら、気がつくと終わってますよ

今日もサクサク、サクサク片付けて、自分のやりたい事を楽しみましょう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)