自分に挑戦する内村選手の美学

昨日、最終日を迎えた世界体操。内村選手の素晴らしい技には、たくさんの感動をもらいました
史上初の三連覇を果たした内村選手ですが、彼は常に美しい演技を目指し、自分にとっての完璧を追求しています。

あれだけの強いチャンピオンともなると、プレッシャーも想像を絶すると思います

それでも彼が目指すのは、誰かよりいい成績ではなく、自分が思い描く完璧で美しい演技です

常に自分と闘い、今日の自分より高い水準を目指す…孤高の王者だからこそなのかもしれませんが、私達の毎日でも見習える点は多々あります。

私達はつい、誰かと比べたり、誰かに負けないよう、誰かより良く見られたい…そんな比較をしがちです。

それにより、自分が本来目指している方向からズレたり、本来の目的を見失ってしまいます
分かりやすい例では、子供の幸せや成長を願い運動クラブに入れたのに、誰さんより強くなりなさい、誰さんよりいい成績を…先生に叱られないようにしなさい…

子供の楽しみや成長より、大人の事情が優先され、肝心な子供はそれに振り回され、結果としと子供は嫌になる…そんなパターンはよくあります(^^;

誰かと、何かと比べるのではな自分の目的、目指すものは何なのか…それが大切です。

内村選手の場合、もちろん、金メダルを取るという目標に向かって日々努力していると思いますが、それと同時に、もっと美しい演技を、さらに難しい技を…と、自分に挑戦し続けています。

アスリートの多くが、常に自分と向き合い、闘っています。結果だけではなく、どれだけ自分が思い描いた理想に近づけたか…
内村選手は「結果は重視していない、(理想とする選手以上に)美しい演技をするのが目標」と語っています。
アスリートばりに生きるのは大変ですが(^^;

人と比べるのをやめ、自分が目指す理想の自分と向き合えば、 今、何をすべきかがわかってきます

自分が目指す、理想の自分をしっかりイメージし今日の自分より明日の自分が、少しでもイメージに近づけるよう、

自分と向き合い、今の自分を追い越せるよう、ちょっとずつ頑張ってみましょう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)