スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有るモノを生かした、素晴らしい生き方。佐野有美さん

「歩き続けよう」という曲でデビューした、歌手の佐野有美さんは、生まれつき手足がありません。

それでも、左足の指を器用に使い、通常の生活はもちろん、器用にメールを打ったり、つけ睫毛もバッチリなメイクも、全て自分でできます。

彼女がここまでくるには、本人はもちろん、お母様も、回りの方々も壮絶なご苦労があったと思います。

そんな中、笑顔を忘れず成長した谷村さんが、歌手という仕事につく一つのきっかけになったのが、

彼女が高校時代に所属していた、チアリーディング部の顧問の先生の一言でした。

「有美の手足はもう生えてはこない。でも、口があるでしょ!これは出来ます、出来ませんと言えるから、ちゃんと自分の意見を言いなさい」

この言葉に谷村さんは、自分の口を、声を生かすことに目が向いたといいます。

無いものを数えて悔しがるのではなく、

あるモノを生かし、感謝しながら、それを大きく育て花開かせる

谷村さんの生き方は、たくさんの素晴らしい方々に出会い、花開かせました

彼女自身がその出会いを無駄にせず、自分の学びとし、栄養とすることで、

自分が持つモノを最大限に生かした生き方に繋がったのだと思います。谷村さんの生き方には、私達が学ぶべき点が多々あります。「手足のないチアリーダ」という著書も発売されましたので、詳しく知りたい方は、御一読下さい。

他人と比べ、ないモノを追い求め、悔しがったり自分を嫌うより、

自分にあるモノに感謝し、自分の中にある花を大きく咲かせましょう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。