スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切にしたい、どこを向いて生きていくか

今、最も注目しているのは、福島の原発爆発に伴う内部被爆の実態を本にまとめ発表された、東京大学の児玉教授です。

以前にも、国会で、あまりの対応の怠慢さに、満身の怒りで福島の、原発事故の現状、子供や妊婦への影響を熱弁されていました。

YouTubeでも見られますので、もし、まだご覧になっていらっしゃらない方は、是非ご覧になって下さい。

原発事故に関しては、たくさんの科学者、専門家が発言をしています。

しかし、ここに重大な問題があります。

その人がどこを向いているかです。

政府に向いている人、
電力会社を向いている人、
そして、児玉教授の声は国民に向いています。自分がどこを向いて生きていくのか。

それは、人生の本質に関わります。

スピリチュアルや宗教もまた同じです。

始めは困っている人を向いていたのに、

いつの間にか、集団に、お金に、名声に、地位に…

今、自分が誰に向けて話しているのか、
誰を向いて生きていくのか…

それは人それぞれですが、自分の心の声は、それを良しとしているのか…
自問自答しながら生きることが大切です。

児玉教授の、科学者としての姿勢は、人の生き方として見習うべき点が多々あります。

人として、向くべき方向を見誤らないよう、

私ももちろん、皆さんもしっかり意識をして生きていきましょう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。