スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間観察が鋭く、独自の世界観を展開する芸人さんの共通点

「人を泣かすのは簡単だが、笑わせるのは難しい」

そんな言葉があるように、「笑い」は簡単なようで、なかなか難しいものだと思います。

欧米では、コメディアンの地位が高いと聞きます。


芸人さんを見ていると、本当に器用だな~と思うし、

頭の回転、切り替えしなど、感心させられます。


今日は、タカトシさんについて書くつもりでしたが

芸人さんをタローデパリで観ていたら、ちょっと面白い傾向を見つけましたので


ちょっとシニカルな感じのピン芸人さんや、ちょっと気難しそうというか・・・

独特な雰囲気を持つ芸人さんって、BY(バースイヤー 本質)「9」が多いんですよね。


9は、内観の達人。

子供の頃から人間観察が鋭く、ナイーブな神経を持った方が多いですね。

外からは動いていない、静かに見えても、

内面は激しく葛藤を繰り返したり

一人で最初から最後まで、ストーリーを作り上げたり・・・

あまり、自分の内面を人に見せない、話さない事が多く、

周囲からは気難しそう、何を考えているかわからないと誤解されがちです。


例えば、BY9は、なだぎ武さん、萩本欽一さん、


なだぎ武2

松本人志さん、陣内智則さん、千原ジュニアさん、

次長課長の井上さん、オードリーの若林さん・・・

陣内&松本




次長課長


若林


お笑いではありませんが、半分お笑いの大泉洋さんもそうです

大泉洋



どうです?

皆さん、ちょっとひねった独自の世界観を持ってらっしゃる方が多くないですか


ピン芸人さんは、細かな人物描写で、ひねりが効いてるというか・・

ちょっとブラックが効いていたり・・・

そう、「9」は毒舌タイプも多いんですよ

前も書きましたが、ミッツ・マングローブさんもBY9でしたね
profile.jpg

私もずらっと並んだ名前を見て、

う~ん、確かに人間観察が鋭い方ばかりだな・・・と驚きました



もう一つの特徴は、9とは対照的に、

楽しい事や変化が大好きな「3」も多い!

友近さん、有吉弘行さん、木梨憲武さん、タカさん、横山やすしさん

みのもんたさん、島田紳助さんと、

司会や弾丸トークが得意な方が多く、

やっぱり、9と比べると、オープンで明るい笑いが多いように思います。

でも、3も9も、感情が激しく動く数字。

基本は、人間大好きなんだと思います


こうやって、同じ数字の人をずっと観ていると、

根底に流れるテイストが似ていて、驚かされます

やっぱり、分析、やめられません





タローデパリを詳しく知りたい方は、

 ホームページをご覧ください
  
この人の事を知りたい!というリクエストも大歓迎です



ブログのコメントやメッセージでご連絡ください。


面白かった方、ポチッと押していただけると嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : お笑い芸人 - ジャンル : お笑い

TAG : タローデパリ バースイヤー

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。