時には頭でっかちを外し、考えるより感じる事を優先してみませんか(^-^)




私達の頭の中は、いつもたくさんの思念にや雑念でいっぱいです。

怒りや苦しみ、過去の出来事、不安や不満…

それらは常に自分にマイナスの言葉を投げかけ、それにより作られる未来は、

きっとこうに違いない!
どうせまたこうなるんだ!

その結果、私達は自分で未来を選んでしまい、また不満がたまります。

でも、それらの多くは考えても仕方ない事や、もう終わった事ばかりです。
いわば、賞味期限が切れた材料で、食べたくもない夕飯を作るような物です。

タローデパリ大アルカナⅤのこのカードは、パリの初代司教であった聖ドニが、斬首された自分の首を持ち、6000歩歩いた奇跡を描いた彫像が使われています。
知性の働きを静め、魂の声が聞こえて来ることを示唆しています。

覚醒、魂の目覚めを表すこのカードを見る度、頭でっかちを外し、素直な心の声に耳を傾ける事の大切さを感じます。

また頭を外す事で、頭上に無限に広がる宇宙の叡智から、直接インスピレーションを身体の中に通す事が出来る事を示唆しています。

過去の自分、思念を思いきって外し、自分本来の魂の声を聞き、今この瞬間に意識を向けてみて下さい。

過去は過去です、
学びだけを引き出しにしまい、今必要な事、今輝く事に繋がってみて下さい。

いらない荷物は手放し、軽やかな未来を、自分で選び、作って下さい(^^)/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)