スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔らかな言葉で円満を引き寄せましょう

新しい総理が決まりましたが、代表選の際に、自民党の石破さんがおっしゃっていた言葉を紹介します

「野田さんは漢方薬のようにジワジワ効いてくる方で、一番攻めにくい」
これは、普段の人間関係でも同じだな〜と思いました

私も若い頃は自分を主張することが先に立ち、

その結果、言葉は攻撃的になりがちでした

まあ、今も娘にはかなり厳しい口調なので反省ですが

ただ、家族や仕事関係、友達などには、

頭にきた時ほど、出来るだけゆっくり話すよう心がけています

カッときた時の人間の身体は

心拍上昇頭の中は相手の言葉や状況でいっばい

その時に口を開けば、言葉は頭から直結で流れ出し、止まりません

そう、心を通過する余裕なく頭に浮かんだ怒りがマシンガンのごとく口から飛び出します

結果、怒りは怒りを招き事態は余計悪くなります

怒りは感情に過ぎません。

注意や指摘に感情は必要ありません。

相手にしっかり伝わるよう、感情ではなく、心をこめて伝えることが大切です

面白いことに、丁寧でゆっくりとした言葉使いをしていると、

普段の振る舞いも普段から、出来るだけ美しい言葉使いや、ゆっくり話すことを心がけていれば、

カッとした時にも、頭からではなく、一旦、心を通して言葉が出てきます

心を通せば、客観的に状況を判断できます。

怒りは怒りを招き

キツイ言葉はギクシャクした関係を引き寄せます

柔らか言葉は、柔らかな人間関係を引き寄せます

夜叉ではなく、観音様をイメージしながら

せっかく天からいただいた大切な口です。

憎しみや怒りを生み出すのではなく、

優しさ、慈悲、楽しさを生み出しましょう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。