タローデパリで観る本質&運気〜1は可能性の種が飛び出し、22年間の流れに影響を与える大切な一年


タローデパリは、運気の流れを22年間で一つのサイクルと観ます。

今日は、前回お教えしたトランジットイヤーの1についてお話いたします

1はまさに新しいスタートです。前年の0の一年は可能性カオス、あらゆる可能性が渦巻きます。
1の年は、そこから可能性の種が飛び出します。この1年に始めた事は、これからの22年に大きな影響を与えます。

私事ですが、私がトランジットイヤー1の年、子育ての疲れから、生まれて初めてヒーリングを受け、その縁であれよあれよという間に出雲大社ツアーに行き今の仕事に直結する流れが出来ました

まさに、全く予期していなかった可能性の種が生まれた一年となりました

ちなみに、タローデパリでは、バースイヤーに1と2はありません。なぜなら、1と2はエネルギーが生まれ動き出す期間なので、まだ形にはならないからです

トランジットイヤー1の一年は、まさに新しい22年間のスタート
可能性の種に火を灯し、高く掲げて進みましょう

では次回は2についてお話しますお楽しみに
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)