天性の明るさと自由な感性を持つ大横綱・白鵬

今日もおいでいただき、ありがとうございます


昨日の大相撲九州場所で、大鵬と並ぶ、歴代優勝回数32回を達成した

横綱・白鵬関。横綱としての成績はもちろんですが、それ以上に、

その人柄も高く評価され、「横綱らしい横綱」としても知られています。

250px-Hakuho_2012_January.jpg

今日は、その白鵬関を分析して観ました。


白鵬関の本質であるBY(バースイヤー)は「10」、考える方向性であるCY(コンパスイヤー)は「14」、

今回の大記録を達成した29歳の運気の流れであるTY(トランジットイヤー)は、「17」。

BY「10」は、自らの意思とは関係ないところでの変化の影響を受ける事が多く、

その変化の波に乗る事で思わぬ成果へと繋がっていきます。

思わぬハプニングで人生が大きく動くことも多々あります。

例えば、白鵬関が入門するまでの経緯は、10らしいな・・・と感じさせられます。

同じモンゴル出身の旭鷲山をつてに、6人の仲間と共に来日。

一緒に来日した仲間の入門先が続々と決まっていく中、62キロと身体の細かった白鵬関の入門先は全く決まらず、

いよいよ帰国の前日という時、旭鷲山が自分の親方に相談し、そのつてを頼って、

ようやく入門先が決定、本当に、ギリギリのタイミングで、しかも、期待されて!というわけではない十問でした。

しかし、入門先の宮城野部屋は当時、弱小部屋で、他の部屋ほど厳しいしきたりがなかったため、

結果として、育ちの良い白鵬には、良かったと言われています。

本当にギリギリで、どうなるかわからない流れの中で、結果として良い方向に流れる・・・。

この辺りは、BY「10」らしさを感じます。

白鵬関を見ていると、育ちの良さもあるとは思いますが、ガツガツとした意欲より、

深く静かな強い闘志と、大きな流れに任せる潔さを感じます。

これは、白鵬のblogの中に書かれていた言葉です。

博多に乗り込んで、10日以上たちますが、私はこう思いました、

あの62kgの少年が、誰もがこんなに大きい横綱になるとは思わなかったでしょう。

そのなかで相撲の神様、日本の魂を認められたからだと思います。

私は、目に見えない力を信じております。

その中で1つのエピソードは、東日本大震災の3ヶ月後、山田町に土俵入りに行きました。

当時は1人横綱で各所をまわりました。

力士の四股には、邪気を払うと言われています。私が土俵入りして次の日に嬉しいニュースが来ました。

それは、3ヶ月間あった余震が、次の日はなかったことです、日本の魂を認められたから、

この結果がついてきていると思いました。これからも頑張っていきたいと思います。


自分の力だけではなく、自分を取り巻いている大きな力を信じ、そこに深い敬意を払うこの姿勢が、

人としても尊敬される一因なのかもしれません。

CYの「14」は、常にポジティブで、多くの人やモノを引き寄せながら、

みんなと共に光へと向かっていきます。

白鵬関も、子供たちとのイベントや老人ホームへの訪問、積極的にいろんなイベントに参加し、

多くの人との触れ合いを積極的に行っています。

大横綱であるのは間違いないのですが、それでも軽やかなエネルギーを感じるのは、

こうしたCY14の天性の明るさと、BY10の自由な感性が出ているからかもしれませんね。


マヤ暦で観ますと、白鵬関は青い手と黄色い戦士を持っていますので、

メンタル面は大変強く、自分の手で夢を掴んでいきます。

深い部分で自分としっかりと向き合い、決して折れる事の無い不屈の精神を持ちながらも、

自分のやり方に固執せず、目に見えぬ力を信じ、敬意を払い、大きな流れに任せる・・。

軽やかな品のあるエネルギーは、この辺りが要因なのかもしれません。


29歳の1年間は、自分の新たな本質に気づく1年。

大きな輝きを頭上に抱き、自分が進む方向性や、やりたい事などが

はっきりと見えてきます。そして、そこで見つけたものは、2年後のTY「19」で、

具体的な行動となって動き出し始めます。

これだけの大横綱ですから、角界を引っ張て行く役割は当然だと思いますが、

それ以外にも、白鵬関は新しい可能性を見いだせるのでは・・・

もっと大きな流れの中で、思いもよらぬ役割を果たしていくのでは・・・

何となくですが、そう感じます

まだまだ29歳。これからの活躍も、大いに期待したいと思います!




タローデパリを詳しく知りたい方、

自分が抱える問題点や、自分が進む方向をじっくりリーディングするタローデパリ個人セッションや、

仲間と共に楽しくタローデパリやマヤ暦で自分の本質や、周囲ともコミュニケーション術を知るグループセッションを

お受けになりたい方は

 ホームページをご覧ください

11月、12月、1月の講座のご案内も、HPをご覧ください!
  
この人の事を知りたい!というリクエストも大歓迎ですし、

ご感想などがありましたら、どうぞ、お気軽にコメントでお寄せ下さい




へ~と楽しんでいただけた方、
を押していただければ幸いです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村




スポンサーサイト