タロットイヤーで見るイチロー選手の再スタート

今年、イチロー選手は200本安打に到達できませんでした。

これに対しイチロー選手は、どこか安堵の表情も垣間見えました。

タローデパリでイチロー選手を観てみると、バースイヤーはアスリートに多い7「チャリオット」
今年のタロットイヤーは0でした。

まさに、イチロー選手にとっては、今までの22年間が終わり、新しい22年間のスタートを迎える時期にあります。

イチロー選手にとって今回のことは、まさに記録に彩られた過去と決別し、新しいイチロー選手の誕生へのプロローグといえます

ただ頑張って記録を出すだけではなく、より成熟し、広がりを持った新たなチャリオットの展開を見守りたいと思います
スポンサーサイト