責めるより、知る機会を増やす大切さ

今日もおいでいただき、ありがとうございます


埼玉県で、全盲の女の子が、心無い人に足を蹴られたというニュース、

盲導犬が傷つけられたというニュース。


ご存知の方も多いかと思います。

白杖は、目が見えない方にとっては、もう一つの目になります。


そのため、肩幅程度の距離を白杖で確認しながら進むため、

それが足に当たる事もあると思います。

しかし、それに対し腹を立て、ましてや、後ろから蹴るとは・・・

あまりの事に、絶句しました。

盲導犬も、その方にとっては体の一部。

傷つければどうなるかくらい、子供でも分かりそうなものですが・・・


その後の報道を拝見していますと、点字ブロックを平気でふさいだり、

白杖を邪魔だと怒鳴りつけたり・・・・



しかしその一方で、お手伝いしましょうか?と声をかけたり、

誘導してくださる方も多くなっているとも聞きました。




人は、自分を基準として物事を見がちです。

もちろん、私もそうです。

でも、一人一人、違う面を持ち、置かれている状況も違います。

相手の立場や、気持ちを想像してみる・・・・

その力が欠如している方、

相手を思いやる事を大切にする方、

無関心な方。

想像力の欠如や無関心は、その人の資質もあるとは思いますが、

知らない、という事も一因だと思います。

想像力は、体験によっても鍛える事が出来ます。


昔、ある教育雑誌の仕事で、いくつかの高校を取材した事があります。


その時、もっとも印象に残ったのが、妊婦さんや車いす、

お年寄り、目が見えない、耳が聞こえない・・・・

そうした事を疑似体験するという授業でした。

これは、本当に大切なことだと思います。

生徒さん達も、自分が体験してみて初めて、

普段の自分とはまるで違う世界であることを知り、

どう接すれば良いのか、よくわかったと感想を述べていました。

きっとこの子達は、そうした立場の人を見かけた時、

とっさに何をすれば喜ばれるのかを理解し、身体が動くんだろうな・・・と、

感動して見ていたことを覚えています。



私自身も妊婦の頃、途中途中に休むベンチが欲しいな・・・・

妊娠中ですって一目で分かる何かがあるといいな・・・

そう感じたことが何回もありました。

今は、「お腹に赤ちゃんがいます」というキーホルダーがあり、

まだお腹が目立たない方でも、妊婦さんと分かるので、

席を譲る事も簡単になりました。


気付かない、知らないという事を責めるより、

気付けるように教える、という事の方が大切です。

人は、その立場に立った時、初めてその状況を理解できます。

もちろん、全ての人がそうではないでしょうが・・・・

でも、知る事によって、学ぶことによって、

何をすべきなのか、どうすれば良いのかが分かります。

そして、何をしてはいけないのか・・・それも分かると思います。



学校でも、家庭でも、社会でも、

もっともっと学ぶ機会を増やすと同時に、

こうしたニュースを通して、気付くことを話し合い、

どうすればいいのかをお互いが考え合う事が大切だと、

あらためて感じました。

忙しい日々が続くと、どうしても自分の事でいっぱいになりがちですが、

自分以外の事に心を配る事を忘れないよう、

今一度自分に言い聞かせております。

自分が学ぶこと、

知らない人には教える事、

それだけでも、ふせげる心無い言動が減るかもしれません。

そしてそれは、自分にもできる事です。



怪我をされた生徒さんの体の傷と、

恐怖を味わった心の傷が

一日も早く癒えます事を心よりお祈り申し上げます。







タローデパリを詳しく知りたい方、

自分が抱える問題点や、自分が進む方向をじっくりリーディングするタローデパリ個人セッションや、

仲間と共に楽しくタローデパリやマヤ暦で自分の本質や、周囲ともコミュニケーション術を知るグループセッションを

お受けになりたい方は

 ホームページをご覧ください
  
この人の事を知りたい!というリクエストも大歓迎ですし、

ご感想などがありましたら、どうぞ、お気軽にコメントでお寄せ下さい




へ~と楽しんでいただけた方、
を押していただければ幸いです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 気付き・・・そして学び - ジャンル : 心と身体

出来ても出来なくてもいい目標を立ててみる

お客様からのご相談で多いのが、

変わりたい、変わらなきゃとは思うのですが、

何からしていいのかわかりません

自信がありません・・・




確かにそうですよね・・・

こんな自分じゃ嫌だ!

って思っている人ほど、変わりたい目標が大きすぎて、

今の自分との隔たりが大きすぎて、

どこから手を付けていいのか・・・

高い壁の前で、途方にくれたり、闘いを放棄したくなります


あまりに目標が高すぎたり、隔たりがありすぎると、

すでに足がすくんで動けないし、

途方もないと、諦めてしまいます。


だから、まずは小さな目標を立ててみることをお勧めしています。

今週はこれを一つやってみる!

とか、

今月中に○○に行ってみる!

とか。


今週、引き出しを一つ空にする!

でも、

コメントを思いきって送ってみる!

でも、何でもいいんです。




何でもいいから、動けなくても構わないけど、動けそうなこと、

その目標をクリアしていく事で、小さな達成感が小さな自信になり、

それが積み重なっていくと、大きな自信が生まれ、いつのまにか大きく動けるようになります。


なかなか動けなくて苦しんでいる皆さん...



大きな目標や高い理想はそのままでいいですが、

いきなりそこを目指す前に、まずは小さな、失敗しても影響ない事から

クリアしていきませんか?

例えるなる・・・いきなり富士山はむりだから


images (3)


まずは高尾山程度から始めてみましょう

images (4)


それも無理なら、リフトs使ってもOKよ~ん!!

images (5)


ようは、やってみた!という事が大事なんです。

まっ、いきなり富士山に挑戦して成功!!

って人もたまにいますが

まっ、そんな人は読み飛ばしてください



本当に小さな事で構いませんから、今日はじっと自分の身の回りを見渡して、

今週やってみてもよさそうな事、見つけてみませんか


私はそうだな・・・アナログ人間なので

このブログの予約時間投稿にチャレンジします!

無事、このブログがアップされていたら、michiyoのチャレンジ成功!


と褒めてやってください

初めてのお使いか!!


こんな感じでいいから、小さな自分のチャレンジ

今週からやってみませんか




タローデパリを詳しく知りたい方は、

 ホームページをご覧ください
  
この人の事を知りたい!というリクエストも大歓迎です



ブログのコメントやメッセージでご連絡ください。

テーマ : ありのままの自分になるために。 - ジャンル : 心と身体

TAG : タローデパリ チャレンジ 変わりたい

苦しい時こそ、鏡を見てみませんか(^-^)

80歳にして、世界最高峰のエベレスト登頂に調整中の三浦雄一郎さん。

若い時から、日頃から鍛えているから出来る事。
普通は出来ないよ~(゚Д゚)

確かに、誰もが出来る事ではありません。

でも、三浦雄一郎さんがここまで来るには、大きな転機がありました。

そしてそれは、誰もが出来る事です(*^▽^*)

若い頃からスキーヤーとしてその名を馳せた三浦さん。

しかし一時期、目標を見失い、何をしていいか分からなかった時期を過ごしていたそうです。

若さもだんだん失われ、老いを感じ始めたある日、鏡に映る自分を見て愕然(゚Д゚)

そこには、弛んでしまった自分がありました。

そこから三浦さんは再度奮起し、鍛え直し、新たな目標を設定し、今日に至ったそうです。

私が大切だな~と感じたのは、鏡に映る自分を客観的に見た事です。

気分がいい時、
調子がいい時、

鏡を見るのが楽しい、もしくは苦ではありません。

しかし、自分に自信がない、
分かっているけど何かから逃げている時、
自分に後ろ暗い時…

鏡を見るのが嫌になりませんか?

自分は自分に嘘を付けません。

鏡に映る自分は、隠しようのない自分です。

だから見たくない!

そう逃げていたら、人生からも逃げてしまいます。

苦しい時こそ、鏡に映る自分をしっかり見つめてみましょう。

最初は苦痛かもしれません。

こんな自分は嫌だ!

そんな思いに目を背けてしまうかもしれません。

でも、そんな時こそ、客観的に自分を見つめてみて下さい。

笑顔が無いなあ~

嫌な表情だな…

そう感じたら、鏡の自分に向かって笑いかけてみて下さい(*^▽^*)

一瞬にして、そこには違う自分が現れます。

疲れてるな~と感じたら、ちょっと自分に優しくしてみて下さい。

弛んでる自分を見つけたら、ちょっとだけ小さな目標を見つけてみて下さい。

毎日毎日鏡に映る自分と対話する事で、自分を客観的に見る目が出てきます。

自分から目を背けず、鏡に映る自分の奥に眠っている、本当の自分の輝きが見えてきます(^-^)

少しずつ、少しずつ、
その輝きに向かって歩みだしてみて下さい。

今の自分を客観的に見つめる事が出来たら、何をしたいのか、何をすればいいのかが見えてきます(^-^)

鏡を見る。

そんな小さな一歩を踏み出してみませんか。

その先にいる笑顔の自分を見つけてみましょう(*^▽^*)

笑う事の大切さ

笑う
楽しい
怨む
怒る

漢字をよく見てください。
笑う、楽しいは、見た瞬間にたのしそうな形をしていませんか?

それに比べ、怨む、怒るは…身体が緊張してしまいそうです(>.<)

先日、予防医学情報研究所所長の朝川兼行先生の講演を聞いてきました(*^▽^*)
ミネラルの大切さを、関西弁混じりの楽しい話術で、分かりやすく、何より楽しく解説されていたので、会場は常に笑いで溢れていました。

たくさんたくさん素晴らしい話が詰まっていましたが、何より心に残ったのが、笑う事の大切さです(*^▽^*)

朝川先生曰わく、人間は大笑いすると、感情が許すに切り替わるそうです。

怒りや恨みを抱いていると、身体はどこか緊張し、心もまた頑なになりがちです。

しかし、笑う事により感情が癒やされ、身体の緊張もほぐれ、心もまた緩んでくるように思います(^-^)

笑うと免疫力があがり、ナチュラルキラー細胞が出てくる事は知られています。
笑う事は、人間が自分の身体を守る秘められたパワーがあるようです(*^▽^*)

最後に先生は、
あかるい人
ほがらかな人
かっぱつな人…

あほか、ですよ!(*^▽^*)と、会場を爆笑させていらっしゃいました。

まだまだ大切なお話がたくさんありましたので、またお伝えいたします(^^)/

今回のセミナーでは、香りの素晴らしい働きについてもお話がありました。
香りは一瞬にして大脳まで到達し、脊柱を通り仙骨、そしてまた大脳まで戻り
悪い箇所を探り当て、細胞に働きかけるそうです。

こうした効果を使い、100%天然の、飲用できる安全なエッセンシャルオイルを使ったセルフケアがあります。

欧米では、エッセンシャルはサプリメントや薬代わりに普通に使われています。私も試したところ、20年、何をしても辛かった背中や肩の張りが和らぎ、軽くなりました。
驚いて、家族やお客様にも試したところ、痛みが取れたり、翌日の尿が濃くなてりと、デトックス効果も出ました(^-^)

詳しくは、ホームページにアップいたしましたので、よろしければ、ご覧下さい(*^▽^*)
http://homepage3.nifty.com/kanteiroom/index.htm

しんどい時、鏡に向かって笑ってみて下さい。頭を空っぽにして、笑える番組を見て笑えば、悩んでいた事が小さく見えるかもしれません(^-^)

笑って、今日も過ごしてみましょう(^^)/

どうして?で止まらず、どうする?を選んで、前に進みませんか

毎日、様々な悩みを抱えていらっしゃるお客様と接していて、
時々、気にかかる事があります。

それは、「どうして私はこうなったのか?」という理由探しに必死になり、
そこから一歩も進めない方です。

巷には、たくさんの心理本があり、その数や種類は年々増加しています。
それらの中には、本当に参考になるものも多々あり、素晴らしいとは思います。

しかし、そこに理由や原因を見出し、納得する・・時に、自分を正当化する事だけに使ってしまい、

「だから、私はこうなったんだ・・悪いのは○○だ!」

そこで止まってしまい、何度も何度も同じような本を読んでは、ますます確信を強めていく・・
その結果、理由探しに夢中になり、

悪い○○こそどうにかすべきだ!
○○に謝ってもらわないと!

そこにばかり時間を費やし、正当化した自分は一切成長できていない・・そんな事例をごくたまに見かけます。

理由を知るという事は確かに大切ですが、それ以上に大切なのは、

「だから、どうするのか?」

ではないでしょうか。

だから、自分はそうならないようにする
だから、違う選択肢(対応)を試みる
だから、他のやり方を探してみる・・


たくさんの「だから、どうする」があります。

人生は過去によって作られるわけではありません。

その瞬間、自分が何を選び、どこへ向かうのか、
それを選ぶ自由は与えられています。

どんな小さな事でも、意識は瞬間に変えられますし、
どんな遠い道のりでも、そこを目指す事を選ぶ、という選択は出来ます。


自分を納得させる安易な理由探しばかりに時間を費やすのは止めて、
だから、どうするのか・・そこに意識を向けて見ませんか?

きっと、今までとは違う風景があなたが来るのを待っているのが見えますよ(^^)

一歩踏み出す、それは皆さんに与えられた選択の自由です。

そこに留まり、誰かが何かをしてくれるのを待っているだけの人生も、
自分から成長し、新たな世界へと踏み出していくのも、選ぶのは自由です。

今日から10月がスタートします。衣替えと同時に、気持ちも、

どうして?

ではなく、

どうする?

そこに衣替えしてみませんか(^^)v