スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リクエストにお応えして・・SUPER JUNIORの分析

先月、このblogでk-popのリーダーについての傾向を紹介した際、

SUPER JUNIORの分析をというリクエストをいただいたので、

今日はバースイヤーのご紹介を併せて分析して観ます

あまりに人数が多いので

代表的な方をセレクトさせていただきました。


12.jpg



グループのリーダーであるイトゥク氏は、バースイヤー11、コンパスイヤー8。

前回ご紹介したリーダーに多い数字を二つともお持ちです。

細かなことまで目が行き届き、バランスをとることが上手ですが、繊細な部分と強い部分を併せ持ち、バランスを崩すと

不安感が強くなります。そのため、一人になれる時間が大切です。

天然なところがあり、みんなの癒し的存在であり、不思議ちゃんでもあります。

しかし、コンパスイヤーは責任感の強い8ですので、常に全体の統制に目を配り、悩み事を聞いたり、解決をはかります。


イトゥク氏と同じバースイヤー11でありながら、コンパスイヤーが17、スターをお持ちなのが

ヒチョル氏です。

本質は似ていますが、コンパスイヤー17は、まさに輝けるスター

常に自分のやりたい事を掲げ、美しいものに惹かれます。

大地に足を付けながらも宇宙と繋がるスターは、常に希望の光を見い出し、自分の世界を築きます。


大人数のグループをまとめていくのが、調和のバースイヤー6を持つシンドン氏です。

自分の事より周囲の輪を優先し、ネットワークを広げていく事が得意なバースイヤー6は、

企業でもサポートする立場の人に多く、時に強引なバースイヤー7や8をうまく操縦し、

みんなの調和をはかってくれる頼もしい右腕です。


強い責任感や社会性を持つバースイヤー8は、シウォン氏、ソンミン氏、ですが、

シウォン氏はコンパスイヤー11なので、視野が広くいろんな事に関心を持ちます。

これに対しソンミン氏は、コンパスイヤー2という珍しいタイプ。

女性性があり、流れや生き方にスピリチュアルな部分があります。

どこか掴みきれない魅力を持ち、感性豊かなタイプです。


目標に向かって突っ走る7を持っているのが、リョウク氏、ドンへ氏。

リョウク氏はバースイヤーが7なので、自分でやると決めたことには果敢に挑戦しますが、コンパスイヤーが9なので、

あまり周囲に自分の気持ちを話す事が少なく、マイワールドを大切にします。

内に秘めた強い意志、という感じですね。

これに対し、ドンへ氏はバースイヤー4、コンパスイヤー7なので、何よりもチームが大切で、常に目標に向かって進みますが、

目標を見失うと失速します。

面白いのがイエソン氏。バースイヤー9という内観型でありながら、コンパスイヤー5という、好奇心旺盛です。

あまり自分の事は語らない芸術家タイプでありながら、人の事や、自分がどう見られているのか気になったり、

自分の興味あることしか目がいかなくなるという、

周囲からは、何を考えているのかわからない、でも突然動き出す、謎の多いタイプですね・・・


こうしてみますと、本当にいろんなタイプがいらっしゃいますから、リーダーは大変だと思います(^^;


あくまでも、超ざっとした分析ですが、いかがでしたでしょうか?


この人のバースイヤーやコンパスイヤーが知りたいという方、リクエストください

結構、楽しいんですよ~こうした分析




スポンサーサイト

テーマ : ★韓流スター★ - ジャンル : アイドル・芸能

TAG : K-POP SUPER JUNIOR リョウク ソンミン イエソン ヒチョル イトゥク シンドン

グループのリーダーに多かった数字・・

K-POPのアイドルグループにはまっている娘(私も人の事を言えませんが(^_^;))

最近、バースイヤーやコンパスイヤーの出し方を教えてあげたら、

インターネットで早速いろんなグループのメンバーを調べ、

バースイヤーやコンパスイヤーを出していました。



それを見て、あきらかな傾向があって、驚きました


まず、全体的に「7」を持っている人が多かったですね~!!


日本以上に競争社会の韓国で、デビューする事、デビュー後も生き残っていくためには、

やはり、目標達成型の「7」が必要なのかな~



そして、もう一つ驚いたのが、各グループのリーダーの数字。


バースイヤーやコンパスイヤーに、「8」「11」が圧倒的に多いんですよ~


これは、若手からベテラン(?)組まで、共通していました。


「8」は決断力があり、調整していく事が得意な熱血タイプ。

「11」は細かなところまで気を配り、蝶番としてバランスをとっていくタイプ。


アスリート型の「7」を率いていくにはうってつけです。

また、それぞれのキャラクターや個性も、数字を通してみると、よくわかります(笑)


こういうところにも、数字の影響があるのかな~と思うと面白いですね


これまでも、話題となった人や、日本の芸能界のグループの数字を出して、


その傾向を分析してきましたが、


今回、K-POPグループの数字を出してみて、やっぱりな~!と確信しました



仕事でもよく、グループセッションで会社の人間関係やチームの人間関係のバランスをお伝えしていますが、


皆さん、非常に納得されますね

時には、意外な顔がわかり、コミュニケーションの取り方がスムースになったり、

自分に自信を持って進めるようになった方など・・・

ビジネスの場でも活かしていただいてます


この傾向をもっと研究して、


企業や芸能プロダクションのプロジェクトチームやグループ形成にアドバイス出来たら楽しいな~


各数字ごとに、得意分野、考え方の傾向、行動パターンがありますから、

これらをうまく組み合わせていくと、

目的にあったパワーが生まれますからね


私はかねがね、スピリチュアルと実際社会は融合して初めて

大きなパワーを生み出すと思っていますので、

タローデパリやマヤ暦、占星術・・いろんなものを組み合わせたオリジナルのリーディングで、

その人の本質や得意な行動パターンを詳しく分析し、

100%活かした生き方をカウンセリングしたいと思っています





このグループの数字が知りたい!


そんな方は、メッセージください

分析してアップしますよ



皆さんが、自分の持って生まれた本質やパワーを最大限引き出し、生かして、

輝いて人生を楽しんでもらえるよう


日々研究にいそしんでます

知るって、楽しい~

テーマ : ★韓流スター★ - ジャンル : アイドル・芸能

TAG : K-POP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。