「相棒」の役柄のBY,CYを妄想してみると・・・(笑)

今回、相棒シリーズのタローデパリ分析のために、

いろんな役者さんのBYやCYを観ながら、

自分とは全く違う役になり切るって、

やっぱり凄いな~と感じております。


相棒 右京亀山2


実は私、10代最後に、何を血迷ったのか、

「役者になりたい!」といきなり関西の短大を勝手に辞め、上京


いやあ~CY5のなせるわざだったのかな・・・

その頃のTYはまさに「5」

それまでの場所から、新たな扉を開いて飛び出していく5ですよ~!!


本当に飛び出しました

娘を持った今、親の気持ちが分かります・・・

もし娘がいきなりそんな勝手な事をしたら・・・


でも、その時は自分の夢しか見えなくて、これまた後先考えず行動しました


BY16の祖父は大激怒で末代までの恥だと言わんばかりに怒られましたが、

BY10の父は、お前のやることだから~って感じで、祖父との間をとりなしてくれ、

BY6の母は、「新聞記者になるんだと思ってたわ~布団送るのに布団袋買わなきゃっ・・・」って


子供の頃から、親に相談することなど皆無で、塾も進学先も、全て事後報告で、

完全に我が道まっしぐらだったので


まあ、親は驚きもしない感じでした


そんなこんなで上京し、バイト先の喫茶店の常連さんから、

同じく役者志望の女も子がいるよ~と紹介され、お友達に

ある日、彼女から劇団の卒業公演があるから見に来てね!と誘われ・・・

ここで私の運命は大きく変わりました...



こんなこと、出来ない・・・

彼女の演技を見て、一瞬にして悟ったんですね・・

役者なんて、私には無理!

まっ、起き上がりこぼしより素早い私は、

じゃあ、書く仕事にしよっと!と瞬時に方向転換

その時の彼女はその後すぐ、無名塾に入り、NHK朝の連ドラの主役でデビュー。

今でもテレビで彼女を見ると、私の才能(無い事に)に気づかせてくれてありがとう~

そう心で呟いてます



え~長い前振でごめんなさい


で、相棒の寺脇さんに話はいきなり変わります

初代相棒亀山薫役の寺脇康文さん。
寺脇康文1

寺脇さんは、BYもCYも「9」

まさに、内に秘めた情熱・・芸術性が高く、深く掘り下げます。

ただ、それを上手に伝えるのがちょっと苦手かな・・・

人の内面深くまで読み取るため、感情は複雑に動き、

自分から伝えるより、察して欲しいタイプ。

こうと決めたら突っ走れ~!!!

亀山薫とは、結構反対の性格。

もし亀山薫が実在したら・・・BY7.CY7かな・・・

行くと決めたらひたすら標的に向かって突き進む!

玉砕して初めて止まる・・・そんな感じですからね


で・・・

亀山薫のもう一人の相棒・・・伊丹刑事!

川原和久さんですね~
川原和久1

えっ!右京さんとの相性じゃないの~

と思われた方、ごめんなさい

私、こっちの相棒の方が好きなんです


伊丹刑事のあの強面ぶりに、あの熱さ…

正義感の塊で不正が許せない!BY8でしょうね~

亀山薫の突っ走り方はBY7。

この、「7」VS「8」の喧嘩って・・・壮絶なんですよ

お互い主張を譲らない!ヒートアップする一方!

初めは冷静な8も、7に煽られて瞬間沸騰


でも~素顔の川原さんは・・・

大きな流れの中で直観で動くBY10、

CYは、周囲の意見を聞きすぎて、時に優柔不断になってしまうバランス型の11.

こちらもまた、役柄とは全然違うんですね~
川原和久2

堺雅人さんの半沢ぶりもギャップありありでしたが、

伊丹刑事と素顔の川原さんは、もっ~とギャップです


右京さんは・・・やはり深く深く掘り下げ、掘り下げ・・・

自分の世界に入り込み、結論が出てからやっと外に出てくるサナギのBY12かな~

相棒 右京亀山1


そして、CYはやっぱり不正やズルは絶対に許せない8でしょうね・・・


伊丹刑事と右京さんは、お互いを心の中で信頼している感じがするのは、

この8が共通だからだったりして・・・


って、完全な私の妄想ですけど


皆さんは、どう思いますか?

感想などいただけると嬉しいです



で・・・次回は、尊くんとカイト君、そして、米沢さんを分析します



いや~、これがまた笑った笑った

お楽しみに





タローデパリを詳しく知りたい方は、

 ホームページをご覧ください
  
この人の事を知りたい!というリクエストも大歓迎です



ブログのコメントやメッセージでご連絡ください。


このblogとは別に、もっとくだけたタローデパリ分析のblogを、アメブロでこっそり立ち上げました

リンク先を知りたい方、コメントやメッセージでご連絡ください。

こっそり教えます

スポンサーサイト

テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ

TAG : タローデパリ バースイヤー 相棒 右京さん 亀山薫 伊丹 川原和久 寺脇康文

相棒シリーズをタローでパリで観てみると・・その1

水谷豊さん主演で大人気シリーズの「相棒」。

私も大好きで、シーズンが始まると見てしまいます

先週末からは、映画も始まり、ますます乗っていますね~

images (23)


今日は、この相棒シリーズを、タローでパリで観てみます



主演の水谷豊さんは、BY(バースイヤー 本質)は「11」

マイペースな不思議な魅力を持っています。

感情移入しやすく、人気商売にも向いています。

また、周囲の意見をしっかりと聞く聞き上手なので、全体の蝶番的役割を果たします。


視野が広いので、細かなところや、人が気づかない部分にも気がつきますので、


「細かなことが気になるのが、僕の悪い癖」

これは、右京さんの有名なセリフですが、

実際の水谷さんも、細かなことが気になる傾向がありますね~

というか、細かなところまで見えてしまうという感じですね

信頼関係を築いていくタイプですので、

ペースやバランスを崩されることを嫌がる傾向があります。

たくさんの友達より、一人の深い親友がいればいい、

という部分もありますので、

ドラマ上の右京さんとダブる部分も


CY(コンパスイヤー 考える方向性)は21ですので、

実はチャレンジャーでタフです。常に次を見つめ、ビジョンを描いていきます。



水谷さんには代表作がいくつかありますが、

この相棒は、水谷さんの新しいスタートと大きく関わっています。



相棒が始めて単発シリーズとして世に出た時、

水谷さんのTY(トランジットイヤー 1年の運気の流れ) は14。

いろんな人の協力を得て、辛抱強く理解しあうことで、

この先の流れにつながる重要なワンピースを見出す1年です。

この時に相棒がスタートし、シリーズ化されたのはTY17!


これだ!と、自分の本質が輝くものを見出す年でした

人気が高まってきた頃はTY19。

まさに、一気に行動的になる夜明けの運気。

そして、映画化が始まったのは、新しい22年が始まるスタートのTY1

今年の誕生日からは、新たな目標へと突っ走るTY7に入りますから、

ますますの活躍、右京さんの暴走ぶりが楽しめそうです


次回は、これまでの相棒たちとの相性を観ていきます



タローデパリを詳しく知りたい方は、

 ホームページをご覧ください
  
この人の事を知りたい!というリクエストも大歓迎です



ブログのコメントやメッセージでご連絡ください。


このblogとは別に、もっとくだけたタローデパリ分析のblogを、アメブロでこっそり立ち上げました

リンク先を知りたい方、コメントやメッセージでご連絡ください。

こっそり教えます




テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ

TAG : タローデパリ バースイヤー 相棒 水谷豊 右京さん