スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

影の相棒、米沢さんの意外な素顔(笑)

今日は、スマホの機種変更をしたため、設定やら使い方やら・・・

頭パンク状態です~


しばらくは頭クラクラが続きそうです・・・



さて、最近の話題といえば、「アナと雪の女王」が大人気ですね

特に、劇中歌の「ありのままで」は大ヒットのようで、

今日、初めて松たか子さんバージョンをテレビで聞きました。



重たい昔からの思い込みや、世間の常識、こうでなくてはいけない・・

様々な縛りに慣れてしまって、どこまでが本当の自分なのか

分からない事、多いですよね。

そもそも、本当の自分って・・・?





私、思うんですよね。

「本当の自分」という呪文にすら縛られる必要なんかないって。


自分でも知らない自分なんて、たくさんあると思うし、

意外な自分に驚くことも、それもまた本当の自分の一面。


毎日出てくる、ありのままの自分を、

へ~と面白がってもいいし

今まで隠してきた自分も

嫌いな自分も、好きな自分も・・・


まずは、自分のいろんな一面を、ありのままに受け止める。


へ~と客観的に見てみると、

何だか、こんな事に苦しんでいたのか、

こんな事に縛られて、自分で苦しめていたのか・・

いろんなものが、灰汁が浮き出るように見えてくるかもしれません。


出てきた灰汁は・・・捨てちゃって~


灰汁を取り除くと、澄み切ったスープになるように

自分のなかも澄み切っていくと思いますよ



またまた長い前振りになりました・・・

これが、最近の私の悪いク・セ


ではでは、「相棒」シリーズシーズン1(何回やる気だ!)最終回です



今回は、二代目相棒の神戸尊役の及川光博さんと、甲斐亨役の成宮寛貴さん。

そして、トリを飾るのは・・・米沢さん!!


では、まずは及川光博さん
及川光博2

王子様キャラとしてデビューした及川さんのBYは自分大好きな「5」

BY%の男性は、自分がどう見られているのか、結構気にする人が多いですね

好奇心も探究心も旺盛で、「自分」とは?と自分探しをする人も多いですね。

時々、一人で山や自然に出向き、自分と向き合うことも

CYは、一度決めたらやり抜く「7」

この「5」と「7」の組み合わせは、ロマンチストでサプライズも大好きですが・・

相手が喜ぶことが好きな3や6とはちょっと違うかな・・・


う~ん・・相手を喜ばせている自分が好き・・・的な~

常に自己探求を怠らないタイプでございます


面白いのが、三代目相棒の成宮くん
成宮寛貴2

なんと!

及川さんと逆パターン!

BY「7」でCY「5」


完全に、目標に向かって突っ走るタイプ!

獲物を追いかけるハンターですかね

それも、自分の興味にあること、知りたいことにはまっしぐら

こちらは、かいと君の役柄と似通ってますね


かいと君になってから、右京さんのどんどんアクティブになっているのは、

この7&5に影響を受けているのかもしれませんね

右京&かいと

「さなぎから出て、俺の後ついてきてくださいよ」
「かいと君といると、じっくり考えられませんね~



な~んて会話が聞こえてきそうですね



さてさて、最後は相棒の影の主役!米沢さん

米沢さん

米沢さんを演じる怪優?

六角精児さんは・・・

一番受けました~!!!

BYもCYも「3」

もうですね・・・永遠の少年!(中年じゃないっすよ!)

つまりですね、楽しいことが大好きで、相手を喜ばせることも好き!

急にいじけたり、急浮上したり・・

感情がクルクル変わる面もあり、人を惹きつける可愛さがあります。

気の強い美人が好きな3の男性・・・多いですよ~

で、結構女性のツボを心得ているのか、母性本能くすぐる方が多いですね

郷ひろみさん、石田純一さん・・・

六角さん、もてるんですよ~

もう、どちらも3ですからね・・・

楽しいこと経験したい!大人になりきれない、

ほっておけないタイプ・・・ですね

でも~米沢さんだったら・・・

BY9、CY12かな・・・

人の気持ちを読むのは長けているけど、最優先されるのは、知りたいことを掘り下げること。

右京さんもBY12的だから、マニアックな話で盛り上がるわけですよ~


いやあ~思った以上に長引いた相棒シリーズ、いかがでしたか?

本当はもっともっと妄想したいのですが

例えば官房長とか~捜査一課コンビやスピンオフメンバーとか・・・

マニアックになりすぎなので

いつか、裏ブログでこっそり書きます






タローデパリを詳しく知りたい方は、

 ホームページをご覧ください
  
この人の事を知りたい!というリクエストも大歓迎です



ブログのコメントやメッセージでご連絡ください。
スポンサーサイト

テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ

TAG : タローデパリ バースイヤー 右京さん 水谷豊 及川光博 成宮寛貴 六角精児

相棒シリーズをタローでパリで観てみると・・その1

水谷豊さん主演で大人気シリーズの「相棒」。

私も大好きで、シーズンが始まると見てしまいます

先週末からは、映画も始まり、ますます乗っていますね~

images (23)


今日は、この相棒シリーズを、タローでパリで観てみます



主演の水谷豊さんは、BY(バースイヤー 本質)は「11」

マイペースな不思議な魅力を持っています。

感情移入しやすく、人気商売にも向いています。

また、周囲の意見をしっかりと聞く聞き上手なので、全体の蝶番的役割を果たします。


視野が広いので、細かなところや、人が気づかない部分にも気がつきますので、


「細かなことが気になるのが、僕の悪い癖」

これは、右京さんの有名なセリフですが、

実際の水谷さんも、細かなことが気になる傾向がありますね~

というか、細かなところまで見えてしまうという感じですね

信頼関係を築いていくタイプですので、

ペースやバランスを崩されることを嫌がる傾向があります。

たくさんの友達より、一人の深い親友がいればいい、

という部分もありますので、

ドラマ上の右京さんとダブる部分も


CY(コンパスイヤー 考える方向性)は21ですので、

実はチャレンジャーでタフです。常に次を見つめ、ビジョンを描いていきます。



水谷さんには代表作がいくつかありますが、

この相棒は、水谷さんの新しいスタートと大きく関わっています。



相棒が始めて単発シリーズとして世に出た時、

水谷さんのTY(トランジットイヤー 1年の運気の流れ) は14。

いろんな人の協力を得て、辛抱強く理解しあうことで、

この先の流れにつながる重要なワンピースを見出す1年です。

この時に相棒がスタートし、シリーズ化されたのはTY17!


これだ!と、自分の本質が輝くものを見出す年でした

人気が高まってきた頃はTY19。

まさに、一気に行動的になる夜明けの運気。

そして、映画化が始まったのは、新しい22年が始まるスタートのTY1

今年の誕生日からは、新たな目標へと突っ走るTY7に入りますから、

ますますの活躍、右京さんの暴走ぶりが楽しめそうです


次回は、これまでの相棒たちとの相性を観ていきます



タローデパリを詳しく知りたい方は、

 ホームページをご覧ください
  
この人の事を知りたい!というリクエストも大歓迎です



ブログのコメントやメッセージでご連絡ください。


このblogとは別に、もっとくだけたタローデパリ分析のblogを、アメブロでこっそり立ち上げました

リンク先を知りたい方、コメントやメッセージでご連絡ください。

こっそり教えます




テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ

TAG : タローデパリ バースイヤー 相棒 水谷豊 右京さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。