スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオスの世界観を表現するジミー大西さん

images.jpg


この絵は、お笑い芸人から芸術家へと転身した、ジミー大西さんの作品です。

様々な色が組み合わされ、その独特な発想力はとても常人では生み出されない素晴らしいものです。

あの岡本太郎氏も絶賛したというジミー大西さんのバースイヤー(BY)&コンパスイヤー(CY)を見ると超納得です


ジミー大西さんのBYは全てを含む0、CYはスピリチュアルなエネルギーに包まれた2。

BY0(22)は、大きな渦のように全てのBYの要素を含むと同時に、計り知れないパワーを持ちます。

有名人では、坂本龍馬、松田聖子さん、立川談志さんなどがいらっしゃいます。


BY0の有り余るパワーは、通常、なかなか形にし辛く、周囲にそれをまとめたり、導いてくれる人がいて初めて、

その凄いパワーは大きな形となります。

その典型的な例は、坂本龍馬だと思います
(これもまた凄いので・・・また後日、詳しく書きます)。


ジミーちゃんの子供の頃からのエピソードや、芸人になってからの行動を見ていると、

なかなか周囲は大変だっただろうな・・・と思います。


通常、BY0でも、CYが大きく影響し、形にまとめたり協調性を持ったりと、

カオスの中でも一定の傾向があるのですが、

ジミーちゃんはCYも揺らめくエネルギー!

内なる声を聴き、様々なことをキャッチする感受性の高い数字です。


この二つを持っているのですから、なかなか常人には理解不可能かも・・・良い意味でですよ

内側から溢れるエネルギーが渦巻いている・・

でも、それをどう表していいのかわからない・・・それが芸術家転身前のジミーちゃんです。
ダウンロード (1)



そのジミーちゃんが、最初の個展を開いた29歳は、目標を定め走り出すトランジットイヤー(TY)7!

そして、芸術家に転身した32歳は、怒涛の嵐のエネルギーで、突然の変化が起こりやすいTY10!

想像するに、自分の意思というより、

周囲の流れにあれよあれよという間に・・・という感じだったのではないかと思います


しっかりとした奥様をお持ちですので、その方が形にしてくださる数字を持っていらっしゃるのかもしれません。


面白い事に、ジミーちゃんを可愛がり、付き人としていた明石家さんまさんはBY10、

おそらく、直感でジミーちゃんの面白さを見抜き、才能を引き出したのではないでしょうか。

また、後押しした上岡龍太郎さんは、BY21と、これまた珍しい数字。

タフでチャレンジャーなBY21と、直感で動くBY10の強い後押しと導きが、

ジミーちゃんの有り余るエネルギーを外の世界へと放出したのかもしれません


ちなみに、上岡龍太郎さんがいきなり芸能界を引退したのは、サナギから蝶へと変容する、再生のTY13!


皆さん、見えないエネルギーの流れにしっかりと乗ってらっしゃいますね



今回、ジミーちゃんの数字を調べていくうちに、いろんな数字の繋がりがどんどん見えてきて、

紹介したい方がたくさんです


またタローデパリ分析、アップしますね~






タローデパリを詳しく知りたい方は、

 ホームページをご覧ください
  
この人の事を知りたい!というリクエストも大歓迎です



ブログのコメントやメッセージでご連絡ください。
スポンサーサイト

テーマ : タローデパリ - ジャンル : 心と身体

TAG : ジミー大西 明石家さんま 上岡龍太郎 坂本龍馬 バースイヤー トランジットイヤー コンパスイヤー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。