スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屈しない強さを秘めた、包み込む調整力を持つブラジル代表ダヴィド・ルイス選手

今日もおいでいただき、ありがとうございます

ワールドカップ予選では、日本代表は残念な結果でしたが、

ワールドカップ自体は、いよいよクライマックス!

私はサッカーはほとんど見ないのですが、
img_9c833fcf73a3e65eed1b0b6ca1db7fe6250101.jpg

そんな私でも感動したのが、ブラジル代表のダヴィド・ルイス選手。

コロンビア戦で、敗れたコロンビアチームの若きエース、ロドリゲス選手に駆け寄り、
Bru-7FlCYAAYXYi.jpg

讃え、励ましていた姿は、全世界で感動を与えました。


同じくブラジル代表のエース、ネイマール選手が脊髄の骨折という
images (10)

大変なアクシデントにあったことは大きなニュースとなりました。

怪我をおあわせた選手に対し、非難が高まる中、

ダヴィド・ルイス選手は責めることはしませんでした。

サッカーでは時として、そうした事もあるというコメントに、

またまた、男気を感じるという替えが多数寄せられていました。


そこで、ダヴィド・ルイス選手を、タローデパリとマヤ暦で観てみました。


ダヴィド・ルイス選手の本質を表すBYは協調性が高く、感情豊かな「6」。

考える方向性のCYは、責任感の塊である「8」。

マヤ暦では、青い嵐、黄色い戦士、銀河の音4.

これだけ見ますと、根底に流れるものはとても熱く、絶対に諦めない不屈の精神を持ち、

人目につかない影の部分でも努力を惜しみません。

CY「8」は責任感も強いですし、常に全体のバランスを取ろうと動きます。

そして、本質の「6」は、感情豊かで、人の気持ちに深く入り込みます。

責任感や、やらなければならない事は十分わかっていても、

それでも相手を思いやる気持ちを優先させます。

自分よりもまず、周囲を気遣い、相手の気持ちに深く入り込み、

どうにかしてあげたい!と思います。

デヴィド・ルイス選手の、ロドリゲス選手に対する言葉や態度は、

まさに、ロドリゲス選手の気持ちに寄り添い、深い部分から励ましたのだと思います。

BY6は、自分よりも相手を優先するきらいがありますが、

ダヴィド・ルイス選手は、自分がピッチの上で結果を出すことに不屈の精神で立ち向かいながらも、

常に周囲を見ながら、励ましたり、問題の終息をはかっているのだと思います。

まだまだ27歳と若いのに、

こうした深い人間性をもっているとは・・・・・

青い嵐をもっていますので、これまでもいろんな苦労やトラブルがもあったと思います。

それらを不屈の精神で乗り越えてきたからこそ、

大きな愛で、自分のチームも相手のチームも

包み込む力をお持ちなのかもしれません。

ブラジル代表の結果、気になりますね!




タローデパリを詳しく知りたい方、

自分が抱える問題点や、自分が進む方向をじっくりリーディングするタローデパリ個人セッションや、

仲間と共に楽しくタローデパリやマヤ暦で自分の本質や、周囲ともコミュニケーション術を知るグループセッションを

お受けになりたい方は

 ホームページをご覧ください
  
この人の事を知りたい!というリクエストも大歓迎ですし、

ご感想などがありましたら、どうぞ、お気軽にコメントでお寄せ下さい



へ~と楽しんでいただけた方、
を押していただければ幸いです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

TAG : タローデパリ ダヴィド・ルイス ネイマ―ル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。